エンターテイメント演劇集団「TESSIN」旗揚げ公演決定!

手駒センターバナー

エンターテイメント演劇集団TESSIN(テッシン)旗揚げ公演が11月2日に決定!

アリアンローズ人気3作品を連続舞台化企画の最後をTESSINが旗揚げ公演として上演します!

作品名は舞台版「侯爵令嬢は手駒を演じる」(橘 千秋・蒼崎 律/フロンティアワークス)です!

詳細は近日公開!お待ち下さい!

【原作】
「侯爵令嬢は手駒を演じる」(橘 千秋・蒼崎 律/フロンティアワークス)
【監修】
橘 千秋/アリアンローズ
【作・演出】
開沼豊
【アクションコーディネーター】
翁長卓
【出演】
橘龍丸、野口真緒、船木政秀、小玉百夏、福井博章ほか
※順次発表いたします。

【場所】
中野テアトルBONBON
〒164-0001 東京都中野区中野3丁目22−8
【日程】
2016年11月2日(水)〜11月6日(日)5日間 全8公演
【チケット】
前売券:5,500円
当日券:6,000円
(税込・全席指定)

◆あらすじ
社交界では『完璧な淑女』と呼ばれる侯爵令嬢ジュリアンナには秘密があった。
『完璧な淑女』は、実は趣味で演じている役に過ぎない。虚構の仮面 なのだ!

ある日、理想の王子様と称賛されるが、実は腹黒な第二王子エドワードから、 何故か王宮に呼び出され、鬼畜な命令をされてしまう。 「俺の手駒になってよ、お前に拒否権はない」 (うわぁ……王子ってば真っ黒に輝いているわ) ジュリアンナは悲願達成のために不本意ながら 第二王子の手駒として任務に就くのだが……!?

第二回ライト文芸新人賞唯一の『優秀賞』作品! 「――すべてを騙し、命がけの舞台で演じきって見せると、 わたしの誇りに賭けて誓いましょう!」

ネットで話題の小説、アリアンローズで書籍化! そしてファン待望の舞台化!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA